フォーメーション・ラップとは? | モータースポーツ用語 | port F

フォーメーション・ラップ

Getty Images / Red Bull Content Pool

フォーメーション・ラップ(formation lap)とは、決勝レースの開始直前に、レースに参加する全車がグリッドの並び順を維持したまま、コースを周回することを言う。通常は1周だが、レースカテゴリによっては、2周以上走る場合もある。

パレード・ラップ、ペース・ラップ、ウォームアップ・ラップなどとも呼ばれる。

F1やスーパーフォーミュラの場合は、コース1周を終えて、スターティング・グリッドに一旦静止したあと、スタートシグナルが灯り、レースがスタートする。
(この方式をスタンディング・スタートという)

SUPER GTやインディカーなどは、フォーメーション・ラップ後、静止せずにそのまま、ホームストレートから加速し、レースが始まる。
(この方式をローリング・スタートという)

またSUPER GTなどでは、フォーメーション・ラップの前に別途パレード・ラップが行われることがある。この場合のパレード・ラップは展示としての周回であり、サーキット近隣の警察署の警察車両などによって先導される。その後、先導車両が退き、フォーメーション・ラップに入り、レースがスタートする。

フォーメーション・ラップの間、追い抜きは禁止されているが、何らかの理由で他のクルマが遅れていて、追い抜かざるを得ない場合のみ許可される。

フォーメーション・ラップ中は、セーフティカーが安全確認のために最後尾から追従する。

フォーメーション・ラップは決勝レース直前にクルマを走らせる最後のチャンスとなるので、車体を横に振ったり(ウィービング)、リアタイヤをわざと空回り(ホイールスピン、またはバーンアウト)させることで、タイヤの温度を最適にしておくための行動がドライバーたちによって採られる。またブレーキの温度を上げるために加速と減速を繰り返したり、路面状態や天候の確認も行われる。

フォーメーション・ラップで、マシントラブルやスピン、クラッシュなどのアクシデントに見舞われた場合、隊列に戻れる場合は隊列に復帰し、通常通りスタートを切ることが許されるが、そうではない場合は、ピットレーンからのスタートとなる。最悪の場合DNS(Did Not Start)となり、決勝レースがスタートできなかったと見なされる。

 

関連用語

0件のコメント