ファステストラップとは? | モータースポーツ用語 | port F

ファステストラップ

ファステストラップ(Fastest Lap)とは、決勝レースにおいてもっとも1周が速いタイムのこと。
もしくは、決勝レースの全ドライバー・全周回を通じてもっとも速いラップタイムを記録したドライバーに与えられる称号。レースが進行中の場合は、その時点での最速ラップのことを言う。

直訳すると「最速ラップ」。略して「FL」と表記されることもある。

1959年までは、F1でファステストラップラップ記録ドライバーに1点が与えられていたが、2018年現在は、ファステストラップを獲得してもレースや選手権に有利になる点は無い。

フォーミュラEでは、10位以内フィニッシュのドライバーに限り、ファステストラップを記録すると選手権ポイントが1点与えられる。

またF1では、FIAのチャンピオンシップとは別に、「DHLファステストラップアワード」という賞が設けられており、シーズンでもっとも多くファステストラップを記録したドライバーが表彰される。

F1で歴代最もファステストラップを記録したドライバーはミハエル・シューマッハである(77回)。

関連用語

0件のコメント

Leave a Reply