ピットストップ・ロスタイムとは? | モータースポーツ用語 | port F

ピットストップ・ロスタイム

1回のピットストップにより失うタイムのこと。通常のラップよりピットインを行ったラップが何秒遅かったかを表す。ピットアウト後コースに戻った際に後方との差がどれくらい縮まるかを計算する上で非常に重要な数値。

ピットストップの作業時間(=静止時間)も含まれるため、通常は「X秒+静止時間」と言った表現がされることが多い。

通常F1の国際映像に表示される文字情報は、ピットレーンの速度制限開始ラインから終了ライン通過までにかかった時間と、静止時間の合計のみが表示され、ピットストップ・ロスタイムが表示されることはなく(2017年現在)、解説者やジャーナリストなどが独自に計算したものをテレビ中継などで言う場合のみ知ることができる。

また、FIAが公表する各車ラップタイム情報などから、前年のデータを元に自分で独自に計算することも可能だが、初開催コースの場合はピットレーンの距離から類推することになる。

関連用語

0件のコメント