ウィービングとは? | モータースポーツ用語 | port F

ウィービング

Photo by Lars Baron / Getty Images / Red Bull Content Pool

ウィービング(weaving)とは、「縫う」「縫うようにして進む」という意味の英語。

モータースポーツにおいては、フォーメーション・ラップやセーフティカー導入中などに、タイヤの温度を保持するため、クルマを左右に振り、路面との摩擦熱でタイヤを温めるために行う行為のこと。

モータースポーツ用のタイヤは、表面がある範囲の温度(作動温度領域)に達しないと、本来のグリップが得られないが、遅く走る場合にはタイヤに負荷がかからず温度が下がってしまう。そのためレーススタート時、および再スタート時に備えて、タイヤが持つ本来のグリップに近づけるため、ウィービングが必要となる。

「振る、波打つ」という意味の「ウェービング(waving)」と間違われることが多いが、正しくは「ウィービング」である。

関連用語

0件のコメント

Leave a Reply